×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブービーコレクター

ブービーコレクターの歴史

  1. HOME>
  2. バンド紹介>
  3. ブービーコレクターの歴史

第一期

  • NoImage
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Ba:タム

    Dr:ユキタ

     

  • 2006年5月、サコが自身初となる新規バンド(※今までは全て途中加入だったため。)『ブービーコレクター』を立ち上げる。

    コンセプトは社会人サラリーマンバンド、三十路前後のサラリーマンをテーマに歌詞を書き上げる事だった。

    バンド名の由来は趣味で活動するバンドやけども、常に最下位にはならずブービーの位置は最低守りたいという事で、

    ブービーコレクションとか他も考えたが響きが気に入ってブービーコレクターに決定する。

     ※決めた張本人のサコでさえ、当初『ブービーコレクターズ』とよく間違えていた。

    この頃、サコが二十歳の頃作って眠っていた『必要さん』が唯一のオリジナルだった。

    結局このメンバーでライブ活動をする事はなく、スタジオでセッションを楽しむ程度のバンド活動だった。

     

第二期

  • 第二期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Gt:オウヂ

    Ba:タム

    Dr:雷電JACK殿下

     

  • ライブ予定も特に無く、完全にスタジオでストレス解消するためのバンド活動を続けていた。

    その時掛け持ちでバンドをしていたタムが主催するイベントに参加させてもらう事になったが、ユキタが家庭の事情で脱退。

    元々、サコ以外のメンバーはヘルプでブビコレに参加していたため、新たにメンバーを探す事となる。

    その頃、昔対バン仲間であった雷電JACK殿下がヘルプで参加。

    そして、タムと雷電JACK殿下の音楽仲間であったオウヂが参加。1stライブ決行となる。

    ライブが決定し、その頃スタジオで遊ぶためによく合わせていた『ビッグスクーター』『ヴィンテージ』を本格アレンジ、

    そして新たに『ドラゴンフライ』を作り、オウヂが作詞作曲した2曲、そして『必要さん』の計6曲のラインナップでライブを行う。

     

第三期

  • 第三期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Vo:トミ〜

     

  • スタジオ練習再開はしたもののメンバーの予定が合わない等の理由で、一時活動休止状態に。

    やっぱり社会人バンドは無理かなぁ…と思っていた矢先、

    1stライブで知り合ったバンドさんが主催するイベントライブにお誘いがあるが、

    メンバーが揃わず急遽アコースティックライブをする事に。

    1stライブでは観客として観にきており、前々から歌が上手いと思っていたトミ〜を誘い

    ユニットライブとして2ndライブ決行。このライブのために『空』と『アダルト』を書きおろす。

     

第四期

  • 第四期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Vo:トミ〜

    Gt:ジェイルゴードンshujiシャムウエイ隊長

    Key:綾小路ししゃも@単身赴任軍曹

    Ba:ゾッドたけし親分

    Dr:雷電JACK殿下

     

  • サコ&トミ〜で行ったアコースティックライブを観に来ていた雷電JACK殿下、

    ゾッドたけし親分をついに口説きおとし正式メンバーとして加入する。

    同じくしてジェイルゴードンshujiシャムウエイ隊長がヘルプギターとして加入。

    このメンバーで初めてのスタジオの日、雷電JACK殿下がメンバーにキーボードを加入提案し、

    後日綾小路ししゃも@軍曹が正式メンバーとして加入する。

    そして、ブビコレ初となるブッキングライブを決行する。

    この頃にサコが二十歳の頃に作っていた曲に歌詞をつけて『エレベーターガール』が完成する。

    ブビコレがバンドとして活動を開始する事になる。

     

第五期

  • 第五期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Vo:トミ〜

    Gt:エース今井長官

    Key:綾小路ししゃも@リハビリ中軍曹

    Ba:ゾッドたけし親分

    Dr:雷電JACK殿下

     

  • このメンバーで活動していく気満々だったが、たった一つの気がかりがギターのオリジナルメンバーがいない事。

    ジェイルゴードンshujiシャムウエイ隊長は本職バンドを持っており、ブビコレはあくまで趣味の範疇で活動していたため

    正式メンバーとしては迎える事が難しく、ギター探しが始まる。

    そして、雷電JACK殿下が友人の結婚式で知り合ったエース今井長官が正式メンバーとして加入し、5thライブ決行(※トミ〜は不参加)。

    この頃綾小路ししゃも@単身赴任軍曹が改名する。(→綾小路ししゃも@リハビリ中軍曹)

    初のオリジナル音源となる自主製作CD『いらっしゃいませ〜vol.1〜』をプロデュースにヒロ氏を迎え制作。

    7thライブで限定20枚の無料配布を決行。この音源はプロモーション用として制作したため、未だ発売には至っていない。

    この頃『テキーラ』を作り、エース今井長官最後のライブでは『プレミアム症候群(未完成ver)』も披露。

     

第六期

  • 第六期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Vo:トミ〜

    Gt:マサ

    Key:綾小路ししゃも@軍曹

    Ba:ゾッドたけし親分

    Dr:雷電JACK殿下

     

  • 7thライブを最後にギターのエース今井長官が事情により脱退する。

    その後、ギターを探すかサコ1本でいくか悩んだが、一応mixi内のコミュニティでメンバー募集はしておく。

    その後唯一その募集に応募してきたのがマサであったが、当初お互いの予定が全く合わず加入を見合わせていた。

    その後スタジオにてマサと初対面を果たすが、この時綾小路ししゃも@軍曹&雷電JACK殿下は欠席していた。

    そして、マサの強烈な個性キャラとテクニックギターに惹かれ加入となる。

    この頃、ライブの度に名前が変わる綾小路ししゃも@軍曹の名前を、

    メンバー紹介の時にかむという理由で、@○○軍曹の○○の部分をサコが独断と偏見でカットする。

    『プレミアム症候群』が完成する。

     

第七期

  • 第七期メンバー
    メンバー

     

    Vo&Gt:サコ

    Vo:トミ〜

    Gt:マサ

    Key:綾小路ししゃも@軍曹

    Ba:ゾッドたけし親分

    Dr:なめたけV世

     

  • 11thライブを最後にドラムの雷電JACK殿下が諸事情により脱退。

    ブビコレ1stライブにヘルプドラマーとして参加し、サコの次に古株メンバーの脱退に衝撃を受ける。

    バンド活動としては、島村楽器インストアライブや地方ラジオで曲が放映されるなど、

    波に乗りかけている所なので活動を停止する訳にもいかず、急遽ドラム探しを始める。

    そんな時、たまたまライブを見に来ていたマサの友人のなめたけV世に声をかけてメンバーに決定する。

    ちなみに『なめたけV世』というバンドネームに関してはマサの案である。

     

    そして現在活動中!